AROMATHERAPY

「香り」がスーッと体と心に響く瞬間、心地良い時間の始まり

本来の喜びとリラックスしている自分に出会える時間

記憶が蘇る瞬間

アロマテラピーとは

花や森、果実などの植物には香りがあります。

植物の香りには、心身にさまざまな働きかけをしてくれます。

アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分(精油)を用いて私たちの健康や美容に役立てていく自然療法です。


アロマテラピーのメカニズム

アロマが心身に作用する経路は3つあります。

1 鼻~神経系~脳

香りを嗅いだ時に、吸い込まれた芳香成分は嗅上皮に付着し、嗅毛に受容され信号として神経系に伝わり、大脳辺縁系に向かい、視床下部や海馬へ伝達され心身の機能が整えられていきます。

香りを嗅ぐことでホルモンバランスの調整や、記憶が蘇ったり、心地良い気分になるなど、影響を与えます。

2 鼻~肺

香りを嗅いだ時に、呼吸とともに芳香成分は気道の粘膜から血管に入ります。さらに血液へ入り体内を循環します。気管支や肺にも作用し、咳をしずめるなどの働きもあります。

ユーカリ、ペパーミント、ティートリーなどおススメです。


3 皮膚~全身

植物油で希釈した精油を用いて、直接肌に塗ったり、トリートメントや入浴する事で皮膚から浸透し、体内を循環します。

末梢血管やリンパ管に入り、全身をめぐります。

アロマテラピートリートメント

アロマを植物性のオイルにブレンドし、身体や顔に塗布しマッサージをする方法です。

セラピストによる心地良いタッチングのマッサージにより、リラックス感を高め身体の老廃物や血流を促し

身体の細胞や各器官を活性化してくれます。

さらにアロマの香りにより心身をリフレッシュさせ相乗効果の働きをしてくれます。

お好みの香りに包まれながら、心身のケアにお役立ちください。