Flower Essence

フラワーエッセンスとはお花の生命力(エネルギー)を含んだお水の事です。

植物はそれぞれの特性を持っています。


花を癒しに使うことは古代から行われてきましたが、1930年代にイギリスの医師でもあり、細菌学者でもあった、エドワード・バッチ博士が植物や岩清水など38種類から作られたフラワーエッセンスを開発し、現在も世界中のホリスティック医療に認められ、人々の健康管理に役立っています。


バッチ博士は、病気が引き起こされるのは、感情面から発生される事を発見しました。

「汝、自らを癒せ」バッチ博士のメッセージのように、病気が起きる時は変化が必要とされているメッセージが隠されている事が多いです。

病気ではなくても、「生き辛さ」「自分をもっと表現したい」「生き方を変えたい」・・・etc

そう感じた時に、フラワーエッセンスはとても役に立ちます。

フラワーエッセンスは、精神面や感情面に作用していきます。自分の内面と向き合い、潜在意識の中にある新たな気づきを得る事もできるでしょう。

人生経験のレッスンを学び、実現できる為の機会であります。


植物には、環境や、色、香りなどそれぞれの花を表現している特徴があります。

植物の特徴は、私達人間の感情と似ている性質があり、バイブレーションしあい傾きかけている感情のバランスを取り戻させ、本来の輝きに導いていきます。

フラワーエッセンスは、万一間違って自分の状態に関係ないものを選んでしまっても、習慣性や依存性がありません。


使用をやめたからと言って、具合が悪くなるといったことはありません。

赤ちゃんからお年寄りまで、また動物にも使えその時の状況に合わせて、様々な生活に役立ちます。


フラワーエッセンス療法とは、感情のバランスを整えながら、魂の成長を促すものです。

不安、怒り、恐れ、悲しみ、執着、緊張感、自分を責める、嫉妬

過敏に反応してしまったり、あるいは麻痺した感情に対して、今までの思考癖に気づきを与え、より本来の自分らしく生きやすい心のバランスをはかるセラピーです。


フラワーエッセンスを使っていく事で、生まれてからの色々な体験を通して押し込めてきた感情や、ブロックから解放されていき、一つ一つ不必要な感情を手放していく事ができます。

こうした作業を進めて行くことで、本来の自分の本質に近づいていけます。