What is Flower Essence?

FlowerEssenceFAQ

フラワーエッセンスとは何?

花の持つエネルギーをお水に転写した波動水です。フラワーエッセンスを飲むことで、感情や肉体のバランスをはかり、魂の変容を促すエネルギー療法です。

フラワーエッセンスは初めにどこで生まれたのか?

1930年代のイギリス細菌学者でありホメオパシーの医師であったエドワード・バッチ博士がフラワーエッセンスを体系づけました。バッチ博士はイギリスの花や木から38種類のレメディを作りました。現在は世界中に多くのメーカーのフラワーエッセンスがあります。

フラワーエッセンスはどのように作られるのか?

フラワーエッセンスは花の生命エネルギーが最も高いとされる晴れた朝(午前中)に、お花が摘まれます。摘むときも手が触れないように枝や木などを使います。雲ひとつない晴天の日に行われます。摘み取られた花を清流水を入れたクリスタルの器の中に浮かべます。数時間、太陽の光の下に置かれます。フラワーエッセンスは世界中に沢山のメーカーがありますが、作り手(各フラワーエッセンスを作っているプロデューサー)の意識が大自然と共鳴しながら花のエネルギーと調和させていきます。作り手の意識がフラワーエッセンスを創るにあたり欠かせない要素となってきます。

それらと自然界の四元素(大地・水・火・風のエレメント)を通して出来上がります。お水には情報を記録する力があります。お花のエネルギーをお水に転写します。このように作られたエッセンスはマザーエッセンスと呼ばれます。さらにマザーエッセンスを希釈したものがストックボトルと呼ばれるもので一般に販売されているフラワーエッセンスになります。メーカーによっては煮沸法でホーロー鍋で30分ほど煮たあとに、漉して作られます。

フラワーエッセンスはどのように使うの?

フラワーエッセンスは基本的に飲用します。飲用の仕方は、一般に販売されているストックボトルや、ストックボトルを複数選んで作るトリートメントボトルから2~4滴を舌下に垂らして飲用します。そのほかにも遮光ビンに保存用のブランデー1/4もしくは植物グリセリン1/3、ビネガーなど)とお水を入れて服用ボトルを作ります。スプレーにして体の周りにふりかけたり、お風呂に入れたり、食事に入れたりして使用します。

何種類ものフラワーエッセンスを使用してもいいの?

数種類のフラワーエッセンスを混ぜて使用可能です。一度に使用するエッセンスの種類は3~5種類くらいまでが良いです。コンビネーションボトルはテーマを決めてどのようにエッセンスが働くか考慮して決めます。迷った時はフラワーエッセンスのガイドブックを見たり、プラクティショナーのアドバイスを受けて決めましょう。

フラワーエッセンスはどのようにして選ぶの?

現在の自分の感情から選ぶ。フラワーエッセンスのガイドブックやパンフレットなどからご自身の気になるキーワードやあてはまるテーマに沿ったエッセンスを選ぶ。

フラワーカードを見て、気になる花の写真や嫌悪感を感じるものを選ぶ。

ご自身で選ぶのが難しい場合には、プラクティショナーに相談するのも良いでしょう。

フラワーエッセンスを飲むとどのように変化していくのか?

フラワーエッセンスを摂ることで、これまで停滞していたエネルギーが動きだします。人それぞれ変化は様々ですが、初期の段階で見られるのは、ゆっくり眠れるようになったり、食欲が出てきたり、リラックスできるようになったりします。

気持ちがポジティブになったり、やる気が出てきたり、悲しみが癒されたりします。

逆に体調を崩したり、やる気が起きない、という場合も一時的にあります。これは良くなるための好転反応と捉えて良いでしょう。

その期間は人それぞれ違いますが、辛い時はエッセンスの飲む頻度を減らしたり、様子を見ながらとりましょう。

フラワーエッセンスを長期にわたり取り組んでいくと、時に触れたくない感情や痛みを伴う場面も出てきます。フラワーエッセンスを摂り続けると、奥底の魂や感情に刺激を与え気づきをもたらせてくれます。成長する為のステップとしてブロックされていた感情が刺激され、そこに向き合い新たな気づきを得ることで、自分の潜在意識や能力に気づきを高めてくれます。


フラワーエッセンスを飲んだ後、変化しないあるいは分からない場合はどうしたらいいのか?

フラワーエッセンスは共振作用によって働きます。自分に合うエッセンスであれば意識的に変化を感じる事ができます。万一自分のテーマや感情に合わないエッセンスを飲んだ場合、それほど変化は感じられないでしょう。間違ったエッセンスを選んで飲んでしまった場合でも副作用もないのでそのまま変化は起きないだけです。

フラワーエッセンスとアロマテラピーの違いは何ですか?

アロマテラピーはエッセンシャルオイルの芳香成分を嗅ぐことで、嗅覚から脳へ働きかけます。それによりリラックスしたり、五感を刺激します。エッセンシャルオイルは植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂など様々な部分から抽出され有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質であります。

フラワーエッセンスは花の微細なエネルギーが私たちの身体のエネルギーと共鳴しあい、傷ついたエネルギーフィールドを修復したり、バランスの崩れた感情を整えてくれます。

大きな違いはアロマには香りがあり、フラワーエッセンスは五感で感じるほどの香りがない。(保存料のブランデーの香りはあります)

アロマは飲めないけれどフラワーエッセンスは飲めます。(フランスではメディカルアロマと呼ばれ専門的な医師による処方で飲用したり、最近では海外メーカーのもので飲めるアロマもあります。)フラワーエッセンスは飲用できます。


アロマとフラワーエッセンスはどちらがいいの?

両者は互いに作用の仕方が違いますが、心と体に作用していきます。

それぞれの特性があり良さがあります。ご自身にあったものをお選びください。両方使用する事もできます。アロマスプレーにフラワーエッセンスを数滴いれたり、アロマオイルにフラワーエッセンスを混ぜて使用できます。


フラワーエッセンスはどのように私たちに作用していきますか?

フラワーエッセンスは共振の原理で作用していきます。私たちの身体の周りにはそれぞれの周波数の違うエネルギーフィールドが流れていると言われています。これがオーラと言われるものになります。ストレスや事故やケガなどによるショックでこのオーラ(エネルギーフィールド)にゆがみが生じてきます。フラワーエッセンスはこのゆがんだエネルギーフィールドの修復をしてくれます。植物が表現する色や形、成長パターンは宇宙の法則を反映したものであると言われていて、それらは人間の思考や感情などの法則を反映したものであると言われています。マクロコスモスに存在するものはミクロコスモスにも存在する。人間の精神、感情、肉体の健康に対応するエネルギーフィールドを通してフラワーエッセンスは共振していきます。

フラワーエッセンスを飲んだ後の過ごし方

フラワーエッセンスを飲んでしばらくすると、内面の気づきが出てきます。夢をよく見たり、ふと感じた事、気づく事、人から何か言われたり、目に飛び込んでくるメッセージなどこの時期はよく内観して、記録をつけてみましょう。日記を書いたり、気になる事はメモなどとり、飲み終わった時に振り替えることで変化を感じやすくなります。物事が起きた時はなぜこんな事が起きたのか分からない時でも、後に今に繋がっているのだと感じる事ができる事が増えてきます。